Subscribe Us RSS feed Twitter facebook
お知らせ
HOME >  お知らせ一覧  > 日本環境感染学会主催 地域セミナーのご案内(第2報)
Last Update:2018年9月21日

日本環境感染学会主催 地域セミナーのご案内(第2報)

                           國島 広之(聖マリアンナ医科大学)
                           下川 結花(横須賀共済病院)


 この度、日本環境感染学会では、地域セミナーを下記日程にて開催させて頂くことになりました。インフルエンザ、ノロウイルスに加えて、薬剤耐性(AMR)、麻疹、激甚な災害時など、感染症は地球規模で伝播拡散する疾患であり、地域全体で対応する必要があります。
 地域セミナーは、学会員は勿論のこと、地域の非会員の皆さまにも本セミナーを機会として、感染症対策に関わる最新情報を共有するとともに、地域連携の発展に大きく寄与することを願っております。皆様方の多数のご参加をお待ちしております。

日 時: 2018年11月18日(日)9時から16時
場 所: 川崎市コンベンションホール http://www.kawasakicity-ch.jp
     (〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町2丁目)
参加費: 無料
定 員: 1,000名
後 援: 川崎市、横浜市健康福祉局、横浜市医療局、川崎市医師会、KAWASAKI地域感染制御協議会

 参加をご希望の方は、10月31日(水)までに下記事項を明記のうえ、Eメールで学会事務局宛て(jsipc@kankyokansen.org)に送信してください。申込は先着順とし、定員になり次第終了いたします。お電話・FAXでの申込は受付けておりませんので、ご了承下さい。
  ① 氏名(ふりがな)
  ② 勤務先名称
  ③ 職種
  ④ 返信先メールアドレス
※メールの件名は「地域セミナー申込」と記載をお願いします。
 

セミナー内容および演者

 ・医師会における感染症地域連携
            宮川 弘一(川崎市医師会)
 ・消毒から始める感染症対策 ~平時からそして災害時へ~
            高山 和郎(東京大学医学部附属病院薬剤部)
 ・微生物の基礎と迅速診断検査
            田中 洋輔(聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院臨床検査部)
 ・川崎市における感染症地域ネットワークの取り組みについて
            小泉 祐子(川崎市健康福祉局保健所感染症対策課 )
 ・結核対策
            長谷川直樹(慶應義塾大学医学部感染制御センター)
 ・もう一歩、麻疹・風疹対策
            岡部 信彦(川崎市健康安全研究所)
 ・血液媒介感染症・職業感染対策
            吉川  徹(労働安全衛生総合研究所)
 ・AMRと抗菌薬の使い方
            加藤 英明(横浜市立大学医学部 血液・免疫・感染症内科学)
 ・季節性インフルエンザ・ノロウイルスによる胃腸炎とその対策
            高山 陽子(北里大学病院感染管理室)
 ・横浜市感染防止対策支援連絡会の取り組み
            東  健一(横浜市健康福祉局健康安全部健康安全課)
 ・現場からのパネルディスカッション
   「その時どうする!~感染対策と地域連携の重要性~」
      司   会:國島 広之(聖マリアンナ医科大学感染症学講座)
            下川 結花(横須賀共済病院)
      パネリスト:中谷 佳子(川崎市立多摩病院医療安全管理室)
            黒木 利恵(神奈川県立がんセンター感染制御室)
            三橋奈美江(鶴巻温泉病院感染管理室)
            赤松 智子(横浜市健康福祉局健康安全部健康安全課)





 

Clip to Evernote