日本環境感染学

会員専用ページ
English

Committee委員会

一般のみなさまへ

リスクコミュニケーション委員会

Last Update:2019年12月26日

活動目的

感染症に関するリスクコミュニケーションの啓発と実践

委員会の設立経緯

2017年に広報委員会として設立され、平時の活動として、フェースブックに委員会ページを開設し感染症関連の情報を発信するとともに、同年7月に九州北部豪雨災害や秋田県大雨による災害が発生した際に、感染症予防に関する文書を学会ホームページに掲載し、緊急時の情報発信を行いました。2018年にリスクコミュニケーション委員会と改称し、先述の情報発信に加え、啓発活動を強化するべく「アウトブレイク事例からリスクコミュニケーションを考える」セミナーを開催しています。

主な活動内容

  1. 感染症関連の情報発信
    (平時の活動)
    (1)フェースブックに日本環境感染学会リスクコミュニケーション委員会ページを開設し、感染症関連情報を発信しています。
    (緊急時の活動)
    (2)感染症発生時や、自然災害など感染症の被害発生が懸念される際に、感染予防に関する情報を学会ホームページに掲載しています。
  2. リスクコミュニケーションに関する啓発活動
    感染症に関するリスクコミュニケーションに関するセミナーを開催しています。

令和元年台風19号における感染症予防について

 ・ダイジェスト版 (152KB)
 ・全体版 (220KB)

令和元年台風15号における感染症予防について

 ・ダイジェスト版 (114KB)
 ・全体版 (169KB)

令和元年8月の前線に伴う大雨における感染症予防について

 ・ダイジェスト版 (143KB)
 ・全体版 (201KB)

平成30年北海道胆振東部地震における感染症予防について

 ・ダイジェスト版 (136KB)
 ・全体版 (164KB)

平成30年7月豪雨における感染症予防について

 ・ダイジェスト版 (182KB)
 ・全体坂 (218KB)

秋田県大雨による災害における感染症予防について

 ・ダイジェスト版 (142KB)
 ・全体版 (185KB)

九州北部豪雨災害における感染症予防について

 ・ダイジェスト版 (163KB)
 ・全体版 (212KB)

Acrobat Reader ダウンロード PDFをご覧になる際は、Adobe® Reader™をご利用ください。

Copyright © since 2003 日本環境感染学会 All Rights Reserved
このページの先頭へ